前へ
次へ

あえて各駅停車が停車する駅の物件を選ぶ

不動産物件を選ぶ時には、利便性は1つのポイントになります。
利便性は、毎日の生活にも大きく関わってくるからです。
例えば通勤です。
毎日通勤する事になる以上は、便利な場所に家があるかどうかは、決して軽視できません。
特に最寄り駅は大切で、やや交通が不便な場所ですと毎日の通勤が大変になってしまいます。
ただ利便性が優れている物件の場合、賃料が高めになってしまう事も多いです。
交通アクセスが優れている物件は、資産価値も高いと見なされますから、家賃も高めになっている訳です。
その家賃をできるだけ低く抑えたい時には、1駅分だけずらしてみると良いでしょう。
例えばある駅Aの場合は、交通の利便性は優れていて、特急列車も停車します。
そのすぐ隣にある駅Bは、特急列車は停車しないものの、各駅停車は停車します。
この場合、たいていBの方が賃料が低めになります。
特急列車が停車しない以上、家賃も低めになる訳です。
ですがすぐ隣は、交通至便な駅Aがある訳ですから、駅Bも前向きに検討してみる価値があります。

Page Top